俺ストーリープロジェクト

自分と周囲の小さな話の記録

初ピンサロ

始めての風俗(店舗型ヘルス)で失敗して何もできずに退散してから、リベンジをしたくなった。とはいえ当時は金がなかったので、昼割引でかなり安値の大塚のピンサロに行った。

店の中は暗くてほとんど見えず当時流行ってたユーロビートが大音量でかかっていた。

客は自分の他に遠くの席に誰かいるようだったが、ほとんどがら空きだった。

20分間くらいの間に嬢が二人くらいローテーションで回って来るらしかった。

待っていると暗がりでも陰のありそうな嬢がやってきた。しかし間近で見てギョッとした。下腹部が明らかに膨らんでいる。まさかの妊婦か。

「お兄さん、今日お仕事休みなの?」

え、いや自分学生なんで…いや、あの、大丈夫ですか?

「え?何が?」

…下腹部が出てるとはいえ、妊婦と限った話ではない。決めつけるのも失礼だが、この出ている感じは妊婦でなければ余計にヤバい。

「じゃあ、始めようか。横になる?」

そういいながら肩紐を外して露わになった乳首は明らかに黒くなっていた。

知識は当時なかったけど、いや絶対これ妊娠中だと確認して、いや、その、大丈夫です…と遠慮してしまった。

嬢は不機嫌になって無言になり、5分ほどしたら席を立って行った。

次に来た嬢は、ドン引きしている自分を見てサボれると思ったのか、雑談しただけで去っていった。結局何もしなかった。それ以来、風俗は行っていない。

 

後で色々知って、やはりあの乳首の色は妊娠中だからだったと自分の勘が正しかった事を悟った。