俺ストーリープロジェクト

自分と周囲の小さな話の記録

ランジェリー派

知り合いのご婦人と婦人用品店の前で会ったので、挨拶と立ち話をしていた。

すると、婦人用品店から中肉の壮年男性が出てきた。

彼はご婦人に挨拶をし、他愛のない話を二言三言かわすと、彼は去っていいた。

 

彼が去ってからしばらくして小声で耳打ちしてきた。

「さっきのおじさん、いつも女性用下着を履いてるのよ」