読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺ストーリープロジェクト

自分と周囲の小さな話の記録

あの日

友人は東日本大震災の発生した時、山手線某駅前のラブホテルでデリヘル嬢を待っていたそうだ。

 

 

その日と翌日は久しぶりの連休で、M性感のソフトMコースで予約し、ウキウキしながらホテルで嬢を待っていた。

例の地震が発生し、大きな揺れと共に友人は「これは避難した方がいいかもしれない」と部屋を出ると、外で指名したデリヘル嬢が腰を抜かして座りこんでしまっていた。

 

 

半泣きになって動けない嬢のそばで「大丈夫、怖くないから、そばにいるから」と手を握って励まして、彼女が落ち着くのを待った。「俺はいじめて欲しかったんだがなあ」と内心思いつつ。

 

 

幸い、ホテルでの被害はなく、嬢が落ち着いた所で帰ってもらった。当然この日は店には支払いはなかったが、彼は店がキャンペーンでやっていたホテル代キャッシュバックの三千円をちゃっかり貰って帰路についた。

 

 

電車がことごとく止まっていて、しょうがないので彼は3時間かけて歩いて帰った。帰ってニュースを見て初めて、被害の重大さに気付いたそうだ。